スキンケアのいろは > スキンケアのいろは > 肌老化は何歳から始まる?原因はコレ!肌老化させない対策と食べ物

肌老化は何歳から始まる?原因はコレ!肌老化させない対策と食べ物

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

肌老化の原因は「加齢」のほか「紫外線を浴びること」です。
加齢による肌老化を防ぐことはできませんが、紫外線を浴びのを少なくしたり遮断したりして肌老化を遅らせることはできます。
肌老化は10代半ばで始まり20歳を過ぎるとターンオーバーも遅くなることでより一層加速度を増します。
そこで今回は、肌老化が始まる年齢や肌老化の原因、また肌老化をさせない対策や食べ物をご紹介致します。

 

肌老化は何歳から始まる?原因はコレ!肌老化させない対策と食べ物

 

肌老化とは!? 肌老化のメカニズムや仕組み

皆さん、肌の老化とは一体どういうことなのか?
なぜ起こるのか?

ご存知でしょうか。

肌老化とは、肌が受けたダメージの修復が年齢とともに追いつかなくなり、シミ・しわ・たるみが現れてしまうことです。
10代や20代前半なら紫外線などのダメージを肌が受けてもメラニンを排出し、短いターンオーバー(肌が生まれ変わる周期)で角質も生まれ変わることができていますが、年齢とともにどんどん遅くなりそれらが出来なくなって、肌に古い角質が蓄積されてシミ・しわ・たるみ・くすみ・毛穴の開きの原因になってしまうんです。
お肌が乾燥してカサカサになったり、ハリやツヤなどの潤いもなくなってきたりします。このような症状が肌老化といわれるものです。

 

 

肌老化はいつから始まる!?

肌老化はいつから始まるかと言うと成長期が終わる10代半ばともいわれています。
もちろん肌老化には遺伝的なことや生活習慣が大きく関係しているので一概に言うことはできませんが多くの女性は中学生、高校生あたりと言われています。
ですので、肌老化の対策は早ければ早いほど良いのです。
たとえば、紫外線対策のためにUVクリームを塗るなど日ごろから肌が受けるダメージを少なくすることが大切です。
日焼けをしてすぐに戻るのは10代だけです。
10年後にシミやそばかすとなって突如現れてくるかも知れませんよ^^

 

 

肌老化の原因

肌老化の主な原因は、「加齢」と「紫外線」です。
肌の修復を促す成長ホルモンの分泌は、生まれた時がピークでその後は減少していく一方です。
さらに20歳を過ぎるとターンオーバーも長くなっていきます。
人間は年々歳をとっていくものですから加齢を防ぐことはできません。
が、遺伝的による老化は2割程度と言われていて、8割が紫外線によって肌老化が起きているんです。
ですから紫外線対策をすれば肌老化を防げてしまうんです。

 

 

 

肌老化の対策

肌老化の対策

 

肌老化の原因は紫外線ですから、しっかり紫外線対策をしましょう。
たとえば、日焼け止めや日傘、帽子、手袋、スカーフなどを活用して紫外線を遮断します。
その中でも日焼け止めは必須です。
日焼け止めは様々な種類のものが販売されていますので、使用する場面や時間、季節など、自分に合ったものを選びましょう。
ちなみに、UVケア(日焼け止め)には、A波(UV-A)に対する防御能力を示すPA(Protection grade of UV-A)とB波(UV-B)に対する防御能力を示すSPF(Sun Protection Factor)の2種類の表示があります。
PAは+~++++の4段階、SPFは最大50+まであり、PAは+の数が多いほど、SPFは数値が高いほど、紫外線のダメージを防ぐことができます。
が、強い日焼け止めが良いかというとそうでもありません。
その場面その場面にあった日焼け止めを使うことが大切です。
というのも、通常、人は日焼け止めを塗らなかったなら、15分から20分でお肌が焼けて赤く炎症を起こします。
SPF30だと、その時間を30倍遅らせることができるんです。
で、15分から20分の30倍ですから450分から600分ですね。
海やテニスなど屋外で活動するには十分な時間ですが、必ずしもそれだけの時間を遅らせられるかというとそうでもないようです。
ですので、UVケアに加えて日傘や帽子などでしっかり対策をしましょう。
また、10月から2月はB波よりA波の紫外線の方が断然多く振り注ぎます。
ですからその場合B波対策をするより、A波対策のPA++などを使用した方が良いのです。

 

 

肌老化を防ぐ食べ物

肌の細胞を作るのに1番必要なのは「タンパク質」です。
私たちの肌の細胞は約20種類のアミノ酸が原料で、アミノ酸はNMF(天然保湿因子)のもとになります。
このアミノ酸の集合体がタンパク質なんです。
現在はプロテインダイエットなどが流行り炭水化物を摂るよりタンパク質を摂取することが注目されています。
このタンパク質は、卵や魚肉、大豆などに多く含まれています。
また、タンパク質が肌細胞に変換されるために必要となるエネルギーは炭水化物ですで、タンパク質とセットで摂取することが大切です。
それら以外にも抗酸化作用のある食べ物を摂ることもオススメします。
というのも、我々人間は紫外線を浴びたりすると体内で活性酸素を発生させます。
そして、この活性酸素は細胞を錆びさせて機能を狂わせたり、細胞の生まれ変わりを手助けする酵素の働きを邪魔して老化を加速させたりします。
そこで抗酸化作用のある食べ物を摂ることで活性酸素を除去し肌老化を遅らせるということなんです。
この抗酸化作用のある食べ物はファイトケミカルとも呼ばれ人気が高まっています。
ファイトケミカルは、アサイーやベリー類、緑茶、ゴマ、ニンジン、トマト、鮭、生姜などに多く含まれています。

 

 

 


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

error: Content is protected !!