スキンケアのいろは > スキンケアのいろは > ターンオーバーとは肌が入れ替わる力 早める方法は?早いほど良い?

ターンオーバーとは肌が入れ替わる力 早める方法は?早いほど良い?

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ターンオーバーとは肌が生まれ変わる力のことで、潤いをきちんと蓄えられる肌を作る基本の力になります。そのおかげで、外部からの刺激をブロックしたり、肌の潤いを逃さないバリア機能もきちんと機能するのです。
しかし、肌が生まれ変わる仕組みのターンオーバーの力が弱って周期が長くなると、潤いをキープするヒアルロン酸やフィラグリンといったNMF(天然保湿因子)の素やセラミドやコレステロールなど表皮の隙間を埋める細胞間脂質が生成できなくなり、バリア機能も低下してしまうんです。
そこで今回は、ターンオーバーの働きや周期についてご紹介を致します。

 

ターンオーバーとは肌が入れ替わる力 早める方法は?早いほど良い?

 

ターンオーバーとは!?

ターンオーバーとは肌が生まれ変わる力のことで、潤いをきちんと蓄えられる肌を作る基本の力になります。そのおかげで、外部からの刺激をブロックしたり、肌の潤いを逃さないバリア機能もきちんと機能するのです。
しかし、肌が生まれ変わる仕組みのターンオーバーの力が弱って周期が長くなると、表皮と真皮の間にある基底層で生まれた細胞は表面に上がっていく過程で、潤いをキープするヒアルロン酸やフィラグリンといったNMF(天然保湿因子)の素やセラミドやコレステロールなど表皮の隙間を埋める細胞間脂質が生成できなくなり、バリア機能も低下してしまうんです。
また、ターンオーバーの周期が長くなることで、細胞が押し上っていく力も弱まり、表面は常に古い角質が敷き詰められた状態になります。
カサカサして角質同士の間に隙間ができたり、セラミドなどの量が減って、表皮がスカスカになり、水分保持力とバリア機能が大幅にダウンしたりします。肌トラブルが起こりやすく、見た目の肌印象も悪くなったりもします。ターンオーバーの周期が遅れるもっとも大きな理由は加齢です。そのため完全には防げませんが適切なお手入れで理想的な周期に近づける事は可能です。

 

 

年齢によってターンオーバーの周期も変わる

ターンオーバーは20代を境にどんどん日数が増えていきます。
年齢を重ねるといろいろな肌機能が落ちていきますが、ターンオーバーも低下してサイクルがどんどん長くなっていきます。
20代の頃は28日だったのに、30代ではなんと40日、40代では45日、50代では20代の約2倍にもかかるように。
となると潤いを溜め込む力のないメラニンを含んだ古い角質が肌にいつまでものさばっていることになり、表面がゴワついて潤いをキープすることができず、乾燥してくすんだ肌になってしまうんです。
また、バリア機能も弱まるために、紫外線や汚染物質などの刺激が肌の中に入り込みやすい状態になり老化のスピードも加速してしまいます。

 

 

自力でターンオーバーを高める事も可能

ターンオーバーを遅らせる最も大きな原因は加齢です。血液の循環がうまくいかなくなり細胞の生成力が衰えることに起因します。
加齢にはさからえないとはいえ、代謝が上がる食べ物を食べたり、お風呂に浸かったり、マッサージをすることで循環が良くなり効果的です。その他にはスクラブや専用の美容液といった化粧品を用いて、物理的、もしくは科学的に細胞が剥がれる力を引き出すケアもオススメです。
継続的なお手入れと代謝を意識したバランスの良いタンパク質が豊富な食事で理想的なターンオーバーの周期に近づける事は可能です。

 

 

ターンオーバーは早ければ早いほど良い?

スムーズなターンオーバーによって表皮が常に新しい細胞で満たされ、潤いを守る力も高いのならばそのリズムがより早い方が良さそうに思えますがそれは間違いです。まだ表面に出るべきではない未熟な細胞が出てきてしまうと外的刺激から守るバリア機能が十分に発揮できません。紫外線などの影響を受けやすくなり、乾燥や肌トラブルが起こってしまうのです。
基本的にターンオーバーは自然には早まりませんが、アトピー性皮膚炎などの疾患がある場合や強いピーリング行ったり、頻繁に角質ケアをしすぎるなどの誤ったケアをした場合に起こります。

 

 

 


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

error: Content is protected !!