スキンケアのいろは > スキンケアのいろは > ターンオーバーが正しくない時はスキンケアすると肌の調子が良くなる

ターンオーバーが正しくない時はスキンケアすると肌の調子が良くなる

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ターンオーバーとは肌が生まれ変わる力のことで、潤いをきちんと蓄えられる肌を作る基本の力になります。ターンオーバーは年齢を重ねるごとにその日数は長くなり、基本的にターンオーバーは自然には早まることはありません。ターンオーバーが長くなってしまうと、肌は古い角質細胞で埋め尽くされ、肌はカサカサになり紫外線を浴びて生成されたメラニンは排出されることなく肌はくすみっぱなしになったりします。
では、ターンオーバーが長い場合はどうすれば良いのでしょうか。
そこで今回は、ターンオーバーが正しい周期でない長い場合のスキンケアの方法をご紹介致します。
ターンオーバーが正しくない時はスキンケアすると肌の調子が良くなる

 

ターンオーバーは角質ケアで正しくする♪

ターンオーバーを正しくするには、ピーリングやゴマージュ、スクラブなどの角質ケアをしましょう。
角質ケアを取り入れないお手入れを続けていると、30代くらいになると、突如、古い角質が原因で肌がカサカサしたり、くすんだ肌になりがちです。そして肌の内部では潤いを保つ能力が低下しバリア機能も衰えていきます。
28日の周期を刻めなくなった肌には理想的な周期に近づける手助けをするピーリングやゴマージュ、スクラブなどの角質ケアが必要になります。
ちなみに、ピーリングとは、酸などのケミカルな成分を使って、角質をやわらかくして剥がし落としやすくする方法で、スクラブは、微粒子を使って物理的に角質を剥がし落としていく角質ケアのことです。また、ゴマージュはハーブや植物の種などの天然成分を用いて、古い角質を取り除く方法です。
肌の表面に溜まるべき新しい角質細胞は残しつつ、不要な古い角質だけを除去するのが理想のスキンケアです。
角質ケアで問題になるのは角質の取りすぎです。たとえば、角質を強制的に除去するピーリングを毎日行うなど方法を誤ると肌が乾燥したり、ヒリヒリしたり、赤みが出たりなどの肌トラブルになる可能性があります。
また物理的に角質を除去するゴマージュやスクラブも肌をこすりすぎてかえって肌にダメージを与えてしまうこともあります。
角質ケアコスメは慎重に選び、週に1回程度など自分の肌の状態と相談して適切な頻度を守って行いましょう。

 

 

いらなくなった角質を除去する3つの角質ケア方法

いらなくなった角質を除去する3つの角質ケア方法

 

ゴマージュやスクラブで角質を除去

ゴマージュやスクラブは、植物の種子や火山岩などを粉末にしたもので粒が粗いと肌にダメージを与えてしまいます。ですのでゴマージュやスクラブの粒子はとても細かくて指滑りの良いものを選ぶことをオススメ致します。
これらの細かい粒子が肌の上を転がって毛穴の中の汚れを書き出すなど物理的な摩擦で古い角質も取り除くことができます。
多少肌への刺激が懸念されるため粒子が細かくでざらざらしすぎないもの、肌に伸ばした時に痛くないものを選びましょう。
オイルや保湿成分をベースにしているとは言えやり過ぎは厳禁です。くれぐれも説明書に記載された使い方を守りましょう。

 

 

角質ケア美容液で角質の生まれ変わりを促す

自然なターンオーバーを促す毎日使える角質ケア美容液を選びましょう。
美容医療の施術でも使われるフルーツ酸やグリコール酸などのピーリング成分には肌表面の古い角質を剥離させる作用があります。
この成分をセルフでケアしても安全なように濃度を調整して美容液としたのが角質ケア美容液です。
肌荒れの刺激が強くなく、毎日使っても安全で保湿成分が含まれているタイプがオススメです。
洗顔後や化粧水の後に肌になじませたり、拭き取るだけで、角質の生まれ変わりを促してくれます。

 

 

マッサージで角質を取り除く

肌の代謝を高めながらクルクルと優しくこする摩擦で余計な角質を取り除くことができるマッサージも効果的です。
ただ、ゴシゴシこすっては逆効果なので、必ずマッサージクリームなどをなじませてから力を入れずに行うことが大事です。
専用のものもありますが普段の乳液やクリームを多めに使うことでもできます。
その他、液を塗ってから肌をこする物や乾かしては剥がすピールパックなどもありますが刺激が強いので使用上の注意をよく読んで使用しましょう。

 

 

角質ケアはこんな人にオススメ

ターンオーバーは20歳を過ぎると長くなっていきます。ですので、初期のエイジングサインが現れ始める25歳過ぎにはスタートしたほうが良いでしょう。大人の女性は皮膚のトラブルを抱えていない限り、くすみのない肌のために定期的な角質ケアが必須です。特にゴワつきやくすみを感じていたり、化粧水のなじみが悪い時に行うと効果を実感しやすいと思います。

 

 

 


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

error: Content is protected !!