スキンケアのいろは > スキンケアのいろは > クレンジングの選び方と肌にあったタイプのクレンジングを選ぶ事が大切

クレンジングの選び方と肌にあったタイプのクレンジングを選ぶ事が大切

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

健康な肌はクレンジング上手から始まります。なぜなら、メイクやほこり、剥離した皮膚角質などを落とし切れずにそのままでいると毛穴に雑菌が繁殖しニキビの原因になったり毛穴が開いてしまったりするからです。
肌に刺激を与えずしっかり落とすことが大事なんです。
スキンケアの間違いのトップに挙げられるのがこのクレンジングで意外にも肌トラブルを起こされている方が多いんです。
たとえば、メイク汚れをきちんと落とそうとゴシゴシこすったり、コットンで肌を摩擦してしまったりとクレンジングで肌を痛めてしまうケースが増えています。
また最近は、化粧品技術の向上で油分をほぼ含まなくても界面活性剤の力で簡単にメイクが落とせる拭き取りローションタイプのクレンジングが登場したり、オイルも洗い流しが楽なものが支流になってきました。
逆に言うと、メイクを楽に落とせると言う事はそれだけ洗浄力が高く刺激が強いと言うことです。
自分の肌質に合ったものを使わないとトラブルの原因になってしまうのです。
季節によって肌質は変化するのでその時々に合わせてクレンジングを準備しておくと良いでしょう。
そして肌をこすらずにメイクをしっかり落とすことがポイント。肌を擦ってしまうと赤く腫れたり、カサカサになったり、また、メラニン色素が増え黒ずんだりしたりします。
丁寧なクレンジングを心がければ肌はみるみる綺麗になります。

 

クレンジング料の選び方と肌にあったタイプを選ぶことが大事

 

クレンジング料の選び方

クレンジングは肌質との相性で決めるのがポイントです。そこでクレンジング料のタイプとオススメの肌質をまとめましたのでご紹介致します。
肌の調子が悪い時は刺激の弱いものに変えてみましょう。
クレンジング料は、油性成分と界面活性剤の配合バランスで様々なタイプに分けられます。
一般的に海面活性剤を多く含むものは洗浄力が高く刺激になりやすいと言われているので敏感肌やトラブルのある人は、刺激の弱いものを選びましょう。また、混合肌の人はベースの肌質に合わせて選ぶと失敗しません。

 

クレンジング タイプ 特徴 お勧めの肌質

(一番弱い)

クリームタイプ

・クレンジングの中で一番肌に優しいタイプ。
・油分が多く界面活性代が少ないので肌に優しく適度な洗浄力がある。
・油分が肌に残りやすいのでティッシュオフしてから洗い流すのがオススメ。ティッシュオフとは、ティッシュペーパーで軽くおさえる事。これにより余分な化粧(クリーム、乳液)や皮脂を取ったりします。
・ドライ
・インナードライ
・ノーマル

(弱い)

乳液タイプ

・刺激は弱めで洗い流しやすい。
・クリームタイプより油分が少ないため水に溶け易く洗い流しやすい。
・保湿力はほどほどあり肌への刺激も弱め、普通のメイクなら乳液タイプで充分落とすことができる。
・ドライ
・インナードライ
・ノーマル
ゲルタイプ ・みずみずしくさっぱりした使用感。
・水の成分に界面活性代を多めに入れてメイクを落とす。
・みずみずしい感触で洗い上がりがさっぱり。
・メイクを落とす力は普通だが皮脂膜を覆い去りやすい。
・オイリー
・ノーマル

(強い)

オイルタイプ

・うるおいメイクもスルッすると落とせる。
・オイル自体にメイクを落とす働きがあるうえ、界面活性剤も多め。
・しっかりメイクを落とせるが、皮脂も一緒に落としてしまう。
・乾燥肌の人はメイクの濃い日だけに使用すること。
・ノーマル

(一番強い)

ローションタイプ(洗浄力が高い拭き取りタイプ)

・油分をほとんど含まずほぼ界面活性剤の力でメイクを落とす。
・洗浄力・刺激ともに強く拭き取りタイプのためメイク落とすときの摩擦がある。
・オイリー・ノーマル

 

 

クレンジングで汚れが落ちる仕組み

クレンジング料の多くは油性成分と活性界面活性剤で作られています。
そのクレンジング料でメイクなどの汚れが落ちるのは、クレンジングに含まれる界面活性剤が水と油を馴染ませて綺麗に洗い流しているからなんです。
というもの、メイクをするとお肌の上にはメイクアップ料や皮脂の剥離した角質が存在しています。そこにクレンジング料に含まれる油性成分が油性のメイクを浮き上がらせ汚れを落としやすくし、界面活性剤の働きで水と油がしっかり馴染んでメイク汚れが綺麗に洗い流されるという訳なんです。

 

 

クレンジングの後にもう一度洗顔を!

どんなに忙しくても、また、お酒を飲んで眠たくてもお化粧をした日はクレンジングが必要です。
なぜなら、メイクを落とさずに寝てしまうと、メイクの汚れが酸化して毛穴に詰まってしまうんです。
そこに雑菌が繁殖してニキビの原因になってしまったり、毛穴を広げる原因になるんです。
さらに、皮膚の毛穴をとおしておこなっている体温調整や発汗などの水分調整もできなくなり、新しい細胞が生まれるというターンオーバーにまで影響を与え肌の老化を進めてしまうんです。
ですので、お化粧をした日はどんなに疲れて帰ってきても必ずメイクは落としましょう。
ここで気をつけるポイントが1つあります。
それは、クレンジングの後に洗顔をもう一度することです。
メイクを落とすことに特化したクレンジング料は、実はホコリや剥離した皮膚角質などを落とし切れないんです。
ですので、クレンジングの後にもう一度、ホコリや剥離した皮膚角質などを洗い流す洗顔が必要なんです。これをダブル洗顔と言います。
ただし、肌が乾燥気味の方や敏感肌の方には、ダブル洗顔はあまりおすすめできません。肌になるべく負担がかからないように、洗顔は一度でできるタイプのクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

 

 


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

error: Content is protected !!